現代病のうつ病は必ず克服できる病気|諦めずに根気よく治療

先生

大切な事と注意点

病院

うつ病は治療に長い期間を要する病気です。克服するためにはどういった事を心がければ良いのでしょうか。克服するには自分の力だけではなかなか難しいので病院での医師による治療も必要ですが、この病院選びがうつ病を早く克服するにはとても重要です。うつ病の治療には医師との相性も大切となっており、思っていることなどをしっかりと打ち明けられる関係性を築くことが重要です。人によっては相性が合わず、余計に心を閉ざしてしまうこともあるでしょう。そうなってしまうと他の病院を探す必要性が出てくるのですが、一度病院選びに失敗してしまうと次の病院を探すのも億劫だと感じてしまいます。そのため、最初の段階で自分に合った病院を見つけることが重要だといえるでしょう。
最近では、うつ病は心の病というよりも脳の伝達物質の異常によって引き起こされる脳の病気だという見解が一般的になってきています。ですから、うつ病を治療するために脳を出来るだけ使わないようにすることがとても大切なのです。良い病院を見つけて薬をもらったら、薬を医師の指示通り服用してダラダラしましょう。ダラダラすることで脳が休まりますし、脳が休まると同時に身体の疲れも取れていきます。そうして身体の心のバランスが取れてくると眠れなかった人も徐々に眠れるようになります。また、悩みなどがある場合は積極的に医師や家族など周りの人に話すようにしましょう。一人で悩みを抱えているとマイナスな考えをしてしまい、症状が良くならないこともあるので相談することも大切です。

うつ病を病院の治療などによって無事に克服できた場合も注意がまだまだ必要です。うつ病はとても再発しやすい病気の一つです。特に回復期は二度とこんな苦しい目に遭いたくないという気持ちから自殺願望がとても強くなるので注意が必要です。再発すると多くの人が初めの状態よりも症状が悪化し、薬の量も増えます。こういった悪循環を防ぐためにも再発防止は大切なのです。うつ病の場合の再発防止策として真っ先に挙げられるのが維持療法です。よく症状が良くなったからと薬の服用を辞める人がいますが、これは再発し症状が悪化する原因になるので自己判断で止めないように注意しましょう。症状が回復していけば医師の判断によって薬の量は徐々に少なくなっていき、最終的には完全に無くなります。また、性格はなかなか変えられないですが、思考パターンを変えることは病気の克服や再発防止にはとても有効です。例えば仕事量が多い場合、うつ病になりやすい人はたくさんの仕事を自分一人で解決しようと悩みがちですが、こういった思考はうつ病になりやすい思考パターンなので注意しましょう。誰かに手伝ってもらおうという思考パターンに変える事で気持ちがかなり楽になります。