現代病のうつ病は必ず克服できる病気|諦めずに根気よく治療

先生

高い再発率

待合室

医師の指示を守る

うつ病治療の中心は抗うつ剤の投薬治療です。医師は患者ごとに適した抗うつ剤を処方するために、処方した抗うつ剤の効果に関する患者からのフィードバックを元に、服用頻度や服用量の変更、或いは抗うつ剤の種類そのものの変更といった治療の見直しを通院のたびに検討していくのです。そして、効果の高い抗うつ剤が見つかり、順調に症状が良化し、やがてうつ病の症状が治まったとしても、抗うつ剤の服用頻度や服用量を減らすことはあっても、抗うつ剤の服用をすぐに終えることは一般的にはまずあり得ません。同様に、症状が治まり、抗うつ剤の服用頻度や服用量を減らしてからある程度の期間が経過しても症状の悪化がなければ、抗うつ剤の服用自体を終えることにはなりますが、それでもすぐにうつ病を克服したとみなされるのではなく、当面、通院を続けながら経過観察をすることになります。このような対処を行う理由は、うつ病が再発率の高い疾患であるため、慎重に治療や経過観察を行う必要があるからです。従って、一旦うつ病に罹患してしまった患者は、完全にうつ病を克服したと言えるようになるには長い時間が必要であるという認識を持ち、症状が一旦治まったとしても、すぐに体にストレスがかかるようなことは行わずに医師の指示を守ることが重要なのです。

再発防止のための工夫

再発を防ぎ、うつ病を完全に克服するためには、治療中に自身の体調に関する特徴を把握することが大切です。中でも、体調が悪化しやすい行動や時期を把握することが重要なのです。うつ病はストレスを被ると悪化する可能性が高くなります。しかし、ストレスを被る要因は、必ずしも患者自身がストレスを被っていると自覚している行動だけとは限りません。従って、患者自身がストレスを被るとは思っていなかった行動によって調子が悪化した際には、そのような行動も自分自身の負担になるということを認識しておくことが大切です。同様に、ストレスを被るような行動をしなくても、季節の変わり目や最初にうつ病の症状を発症した時期などは体調が悪化しやすい傾向があり、どの時期に体調が悪化しやすいかは患者によって異なります。従って、特にストレスを被っている訳でもないのに体調が悪化するような時期があった際には、その患者にとっての体調が悪化しやすい時期である可能性があるのです。従って、うつ病の再発を防ぎ、完全に克服するためには、このような自分の体調が悪化しやすい行動や時期を把握した上で、体調が悪化しやすいような行動を極力避けたり、体調が悪化しやすい時期には普段にもまして注意を払うといった取り組みをすることが重要なのです。