現代病のうつ病は必ず克服できる病気|周囲の協力を得て終止符を打つ

医者

原因はストレスなど

頭を触るウーマン

うつ病になる方は増えているようです。しかし、克服する方もたくさんいらっしゃいます。また、うつ病の治療法などは研究が進んでいます。治療法は進化しているといえます。諦めずに治療することも大事です。まわりの理解も重要となります。

Read More

高い再発率

待合室

うつ病は再発率の高い疾患ですので、完全に克服するためには長い時間を要することを認識した上で、医師の指示を守ることが大切です。また、患者自身も自分の体調が悪化しやすくなる行動や時期を把握して、体調の悪化につながりやすいような行動を極力避け、体調が悪化しやすい時期には普段以上の注意を払うことが大切です。

Read More

症状の改善につながる対策

カウンセリング

うつ病になってしまうと、1人で症状を治していくのは簡単ではありません。専門的な治療を受けながら、病院でのアドバイスに従って徐々に努力をしていく流れが無理のない克服となります。運動やコミュニケーションなど日頃からできる行いが克服となるので、病院ではそれらを促していくようにしてくれます。

Read More

大切な事と注意点

病院

うつ病克服のために大切なことは適切な治療をしてくれる病院を選ぶことと、身体も心もとにかく休めるという事です。そして、再発しやすい病気であるため、良くなったからと勝手な判断で薬を止めないように注意しましょう。

Read More

必ず治る病気です

看護師

様子が変わったら注意です

うつ病は、完全な病気になる前に様々な様子の変化が出てくるので、家族や職場の部下・同僚が最近様子が変わってきたと思ったら注意することが必要です。具体的には、口数が減ったり、独り言が多くなったり、ずっと悩んでいることがあげられるでしょう。また、逆にヒステリックになったり、イライラしていることが多くなったりする場合も注意が必要です。うつ病は、早く対処すればすればするほど、病気を克服しやすい傾向にあるので、周りの人が早めに気付いてあげることができるかどうかが大きなポイントです。また、考え方がマイナス思考になっていたり、自信を喪失していたり、趣味に興味がなくなったりしたら、自分自身でおかしいと気付けるようにすることも大切です。なかなか自分で正しい状況判断をするのは難しいですが、もしそのように感じたら、早めに心療内科に行ってみると良いでしょう。仮に、うつ病になりつつあっても、その前の段階でも心の整理が付く場合が多いです。どうしても病院などに行くのに抵抗があったら、家族と相談したり、職場の仲の良い同僚や上司をゆっくり話してみることも大切です。それだけで、大きく考え方が変わって今の悪い状況の克服につながる場合もあるのです。

自分を知ることです

うつ病の克服に最も重要なのは、自分自身をしっかり理解することです。理解と言っても建前ではなく、「自分は病気だから、今のような考え方になっている」ときちんと認識することです。そして、「うつ病を克服すれば今の考えや状況も良くなる」と信じることが大切です。うつ病を克服した人の本や心療内科の先生も、これに関しては同じ事を述べる場合が多いです。そして、多くのうつ病の人は自己否定をしがちなので、まずはそこの部分の考え方を治すことからゆっくりと始めることが望ましいです。そして学校や会社を休むことになっても、罪悪感を感じることを減らして、逆に自由な時間が増えたと前向きに考えるようにしていくことが良いでしょう。今まで忙しくて出来なかったことにチャレンジしてみたり、趣味を思いっきりやるのも効果的です。そうしているうちに、考え方も変わってきて、より社会に戻りたいと自然に思うようになるのです。もちろん、治療に際しては心療内科の先生に自分の状況をできるだけ正しく伝えて、自分に適した薬を処方してもらう事も大切です。うつ病の薬については、調子が良いからと言って自己判断でやめたりしないで、先生の指示に従って徐々に量を減らしたりするのが良いでしょう。このようにして、しっかり終止符を打ちましょう。